カテゴリー「山口多美選管委員長のハレンチ発言」の21件の記事

2019年4月26日 (金)

陳謝しないのは、またやるとの意思表示・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 罪の意識もなく、陳謝もしないのは、またやるとの意思表示と捕らえました。

 選挙も近いことですから、こちらからもお返しをしようと思います。

 

 2_3

 

2019年4月23日 (火)

野次を飛ばした議員が陳謝を拒否・19日の全員協議会から

 全員協議会で、「野次は会議規則により禁止されている。私は不穏当発言で陳謝したが、野次を飛ばした3人の議員は不穏当発言を陳謝しないのか」とただしました。

 3人の議員とも会議規則を読んだことが無いようで、なんら罪の意識も持っていませんでした。(懲罰の弁明の際、私は、「野次を飛ばした議員が懲罰動議に名を連ねているのは深刻な問題だ」と指摘していましたが、情けないことに意味も理解していなかったようです)

 情けない3人の議員名を改めてお知らせします。

 杉本充章(向山自治会推薦)。

 藤本みさお。

 (「人間的に問題がある」と自治会推薦を外されました。連合からは「除名される前に身を引け」と引導を渡された気の毒な議員。

 山口まもる(公明党議員)。

 戒告処分に、杉本議員、山口議員、共産党議員の3議員が賛成討論を行いました。

7_2

 

 

2019年4月15日 (月)

木村に対して「オレオレ詐欺」の犯罪者のようにのたまう・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 自ら、木村に対して電話をかけておきながら、まるで「オレオレ詐欺」師のようにのたまうとは。

 それも本会議場でのことです。

 会議録から

 「木村議員と名乗る人から突然携帯電話からかかってきました。我が家では本人確認の、確認できない電話は全てお金がないから買わない、振り込まない、忙しいから行かない、興味が無いからしない、三無い返事を決めています。それでも決して喧嘩はしません。との取り決めです。まさか木村議員本人ではなかったと思いますが、ご報告いたします。」

 

 「辞職した」との連絡は来ていませんが、選管委員を続けるつもりでいるのでしょうか。

 議場で、木村をまるで「オレオレ詐欺」の犯罪者のようにのたまう人物が、9月の町議会議員選挙を公平・公正に行うとはとても思えません。

山口多美氏から木村に電話があった記録。

9

木村の懲罰動議を提出した7議員

2_2

 

 

2019年4月12日 (金)

欠席を決めながら一存で本会議に出席してハレンチ発言・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 私の一般質問の答弁者として、選管委員長に出席を求めたことに対して。

 3月1日の選挙管理委員会の会議で、「木村議員は5年前と同様の質問のため書記長で対応(選管の会議録による)」と決めていました。

 それが、3月5日の本会議に出席をして、「木村議員の政治ブログを日曜日(3月3日)に見ました。委員長は出席を拒否していません。過去にも拒否したことはありません」と述べたのです。

 分かりやすく言うと、ブログの記事を見て腹が立ったから出席したという事でしょう。

 私への電話では、「子どもが引越しするから」と欠席の理由を述べていましたが。出席しようと思えば最初から出席できたのです。

 32年間の議員活動の中で、あんなハレンチ発言(侮辱)は始めてでした。

 

 

2019年4月10日 (水)

12年前の町議選で、当選者を落選させた例も・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 12年前の町会議員選挙で最下位当選者が2人同数となりました。

 抽選で当選者が決まりました。抽選で落選とされた候補者は、町選管に対して再開票を申し立てましたが、町選管は再開票しませんでした。

 やむなく、落選とされた候補者は県選管を相手に当選無効の訴えを提起し、大阪高裁は町選管に対して再開票を命じました。

 結果、抽選で当選とされた候補者の票に無効票がある(判例による)として。大阪高裁は落選者を当選人とし、当選人を落選としました。

 約1年にわたる裁判の結果、最高裁で高裁の判決が追認され、落選とされた候補者が当選人と確定しました。

 その時の選管委員長が山口多美氏でした。本来なら責任を取って委員長を辞任すべきものですが、今日まで委員長に留まり、今回のハレンチ発言を行ったのです。

 稲美町では、開票結果をめぐって、過去にも訴えが提起され、当落が逆転した例がありました。そうした経験を生かすこともなく、再開票さえ行わなかったのです。

 今回のハレンチ発言でも、居座るつもりでいるのでしょうか。

 

 

 

2019年4月 7日 (日)

野次を飛ばし議場の秩序を乱しながら懲罰動議を出した3人衆・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 議会は、選管委員長を罷免できます。以下のような議員が多数を占めていますので無理でしょうか。

 

 野次は不規則発言として厳につつしまなければなりません。野次は議事進行にかかわるものに厳しく限定されています。(稲美町議会会議規則57条、104条)

 議長は野次を制止しなければなりません。しかし、議長は議場の秩序維持の権限を行使しませんでした。(地方自治法129条、稲美町議会会議規則104条)

 野次を飛ばしたのが「先きか後か」。「後だから免責される」という法令や会議規則など存在しません。

 改めて、野次を飛ばしながら臆面もなく懲罰動議を提出した議員名をお知らせします。(動議の提出者は7議員でした)

 杉本充章(向山自治会推薦)

 藤本みさお(「人間的に問題がある」と自治会推薦を外される。連合からは「除名される前に身を引け」と引導を渡される。議員に対して暴力事件を起こしたことも)

 山口まもる(公明党)

 

2019_04040039

2019年4月 1日 (月)

選管が会議録を公開・ウソ発言が明白になりました・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

山口選管委員長は、3月1日の木村との電話のやり取りで、「答弁は書記長に委託した」と答えていました。

ところが、一般質問の答弁では、質問に答えることなく、「(山口)委員長は一般質問の答弁を拒否していません。過去にも拒否したことはありません」と声を張り上げていました。

公開された3月1日の選管の会議録によれば、「5年前と同様の質問のため書記長で対応」とまとめてあります。

議会もバカにされたものです。

0_6

0_4

 

0_30_3

2019年3月30日 (土)

アクセスが急増・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

 アクセスは一日で数十件でしたが。

 山口選管委員長のハレンチ発言からアクセスが一桁上がりました。多いときは200を超えます。

 一般質問の答弁として、ありえないものであり全容解明が必要です。

0_2

2019年3月29日 (金)

懲罰動議を提出した7議員を改めてお知らせします・山口選管委員長のハレンチ発言を問う

 懲罰動議を提出した7人を改めてお知らせします。

 杉本充章(ヤジを飛ばした議員。向山自治会推薦)

 藤本みさお(ヤジを飛ばした議員。暴力事件を起こした事も。自宅前の農道を数十年間、無法占拠してきました。前回の選挙から「人間的に問題がある」と自治会推薦を外されました。連合の推薦も受けていましたが、「除名される前に身を引け」と引導を渡された気の毒な議員)

 山田立美(赤松元町長の親戚。自治会推薦。連合推薦。議会運営委員会で「農業委員は地域で話し合って選んでいる」と、不穏当な発言をした議員)

 山口まもる(ヤジを飛ばした議員。公明党)

 河田くりすけ。

 大山和明。

 吉田つよし。

 以上の7議員。共産党議員の名前がありませんが、姑息な計算をしたのでしょう。

2_1

 

2019年3月28日 (木)

山口氏の冒頭の暴言に対する木村の発言・山口多美選管委員長のハレンチ発言を問う

山口選管委員長の冒頭の暴言に対する私の発言を掲載します。(3月19日のブログ参照)

山口多美選管委員長に、出席を求めましたら、「出席できない」と拒否の回答がございました。(2月28日に事務局に呼ばれて、議長、議会事務局含めて3者で話し合い。「選管委員長は答弁を書記長に委託する」ことを聞かされました。事務局に欠席の理由を聞いても、「分からない」とのことでした。そこで、3月1日に山口氏に電話をかけて理由を聞きました)

「あなたは公の立場にあるから公に説明できる欠席理由が必要ですよ」と、申し上げましたら、「子どもが引越しするから」とか、ごたごたぬかして(以下、ヤジとのやり取りで発言は削除)

3月1日の選管の会議であなたは欠席を決めたんでしょ。公式に。なぜ、今ここにいるんですか。公式の会議できめたものをあなたの一存で変えれるんですか。

(議長が割って入る)

出席したいのならおってもらって結構ですけども。あまりにも議会をバカにした態度だと。あなたは議会から選挙で選ばれているんです。そのことを自覚してください。

この後、書記長(町職員の総務課長)が「3月1日の選管の」と改めてハレンチ発言をしようとしたので「止めてください」と何回となく議長に迫っても知らん顔で、一通り発言が終わったころに書記長の発言を止めにかかりました。

0_1