カテゴリー「行政視察」の55件の記事

2020年1月29日 (水)

瑞穂町・東村山市・を視察

 27日、28日に両自治体を視察しました。

人気ブログランキングへにほんブログ��� 政治ブログへ

   瑞穂町の議長と。

Dsc_1845

     福祉バス。

Dsc_1856

子育て支援センター「ころころの森」。

Dsc_1862

   離乳食のサンプル。

Dsc_1870

 

 

2020年1月14日 (火)

明石市を視察しました

 企業主導型保育所の視察を含めると明石市の視察は4回目になります。

人気ブログランキングへにほんブログ��� 政治ブログへ

 明石市は、人口が増加している自治体として全国から注目され、視察は年間100自治体(受け入れの制限をしています)を超えています。

 今回の視察目的は、保育所副食費の無償化と幼稚園の6時までの延長保育の取り組みでした。

 幼稚園の延長保育は、1時間75円×延長保育時間で計算して、月額9000円以下は無償になります。

 幼稚園の延長保育に関わる経費は、ほとんどが人件費で年間1億3千万程度を予定しています。

 副食費の無償化に関わる経費は年間1億1千万程度を見込んでいます。

 

 私は、12月定例会で保育所副食費の無償化を求めましたが、担当者は否定的な答弁でした。

 視察は、12月定例会に間に合うようにしたかったのですが、上記の理由で今日になりました。

 視察は加古川市議会の柘植厚人議員と。
Received_610519629516602


2019年11月23日 (土)

綾瀬市・大磯町を視察

 綾瀬市では、危険ブロック塀撤去補助事業と都市公園の防犯カメラ設置についてお話を聞き、現地視察を行いました。

 通学路の危険ブロック塀の撤去は上限を設けて100%補助としています。撤去後のフェンス設置も補助対象になります。撤去後の生垣設置は、緑化推進の補助事業で対応しています。

にほんブログ��� 政治ブログへ人気ブログランキングへ

 大磯町では、乗り合いタクシーについてお話を聞きました。

 バス路線から700メートル以上離れている箇所を特定して、タクシーは一乗車当たり500円で利用できます。行先は大磯駅などを指定しています。

 

Img_0519

Img_0540

 

2019年5月30日 (木)

家庭的保育、小規模保育、子育て支援センター、エンゼルスポットを視察

 家庭的保育「プチグレイシュ」は、鳥栖市で初めての家庭的保育事業で、市の担当と共に協働で取り組んだとの事でした。

「子どもが好きだから」と、園長さんがんばっておられました。

24

 小規模保育「つながり」は、閉鎖された病院を保育施設として活用していました。そのためか非常に広い施設でした。

 1_1

 福津市の子育て支援センターは、児童センターとの併設で、周辺には公民館や健康施設も配置されていました。

 5_5

児童センターの音楽室。楽器の練習ができます。

9_4

センターの前で。

6_2

 エンゼルスポットは、駅の施設を市が借り受けて運営していました。利用は0歳から18歳で、夜9時まで利用できます。写真は学習室。左側に乳幼児が集うスペースがあります。

 9_5

2019_05290091

2019年5月23日 (木)

静岡県菊川市・袋井市を視察

 21日、22日は常任委員会の視察でした。

 菊川市では移住定住の取り組み。袋井市ではコミュニティスクールの取り組みについてお聞きしました。

2_4

 

4_1

 

 

 

 

2019年5月10日 (金)

養父市・朝来市を視察

 養父市で国家戦略特区の取り組みを。朝来市で移住・定住事業について視察しました。

 養父市は全国でいち早く国家戦略特区に名乗りを上げて、耕作放棄地の再生、農地の流動化の促進を進めました。

 その後は、農業生産法人の要件緩和、古民家を旅館として再生、シルバー人材センターの就業時間の要件緩和などを申請。養父市のこうした取り組みが、国の法整備により全国展開しています。今後は、ドローンの活用なども目指しています。

 市長は、国家戦略特区諮問会議委員として、総理に直接意見を述べる機会を持っています。

 

 朝来市では、移住定住の取り組みをお聞きしました。

 積極的な取り組みで、県内、県外からの移住に実績を上げています。

 くらし体験住宅の現地視察。東京から朝来市に移住された方のお話も直接お聞きすることができました。

 朝来市は、政策担当部長として総務省から職員の派遣を受けていました。

8_1

東京から移住してカフェをオープン。

7_3

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月31日 (木)

あわら市・小松市の行政視察から帰りました

 にほんブログ��� 政治ブログへ人気ブログランキングへ

 あわら市

 乗り合い交通

 市街地であれば、おおむね300メートルに一箇所の停留所(30年度318箇所)を設けています。

 一乗車あたりの料金は成人で600円(2人乗車すれば300円、3人乗車すれば200円)。

 29年度は述べ34697人が利用しました。

 配車システムはタクシー事業者のシステムを利用しているので特に経費はかかっていないとの事。

 市外の人も登録すれば利用できますので登録して乗車してみました。シルバーの扱いで400円でした。

 タクシーの運転手には、乗車中、細かく説明してもらいました。

 下車する停留所で運転手が利用表に記入。記入内容は(「料金400円。○○から○○まで乗車。通常のタクシー料金は1170円。その差額の770円を市から補助を受ける」)です。記入しながら丁寧に説明してもらいました。

 事前にファックスで申し込みしていましたが、違う部局に送信したのか。急遽登録してもらいました。ピンクのシールはシルバーマーク。 

9_3
             市役所で乗車しました。

3

           走行中様々な表示を見せてもらいました。
9_2
 小松市
 18歳までの医療費無料化とカブッキーらんどの施設説明を受けました。
 カブッキーらんどが入っているビルの建設経過は非常にややこしいものですから省きます。
 交通問題と医療費無料化は3月定例会で取り上げる予定です。


       コマツのキャタピラーをイメージしてるそうです。
25
7

           明石市にも導入されていました。
4
 

2018年11月21日 (水)

豊郷町・若狭町を視察

 にほんブログ��� 政治ブログへ人気ブログランキングへ

 豊郷町

 豊郷旧小学校で学校給食費無料化の説明をしていただきました。

Dsc_0679

Dsc_0706

若狭町

交通問題でご示唆いただきました。

Dsc_0716

Dsc_0712






2018年8月25日 (土)

東松山市・桶川市を視察

 9月議会の準備で、23日~24日の日程で視察させていただきました。

にほんブログ��� 政治ブログへ人気ブログランキングへ

 東松山市

14

20

 桶川市

36

41



 憲政記念館も見学しました

 説明の表示が感動的でした

56


 

 

2018年7月18日 (水)

議会運営委員会で新城市、栗東市を視察

 17日、18日は議運の視察でした。主に住民との意見交換会・報告会について説明を聞きました。

にほんブログ��� 政治ブログへ人気ブログランキングへ
 愛知県新城市
 Photo


Photo_2



Photo_4
滋賀県栗東市

Photo_5

Photo_6

Photo_7
 

より以前の記事一覧